〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-9-7

TEL : 03-6868-4495

■DXなどの取り組み成功の共通のポイント

 これまで数十社以上の企業へコンサルティングをさせていただきました。この経験から、DX(デジタルトランスフォーメーション)などのような新規な取り組みを成功させるには共通するポイントがあることが分かりました。もちろん、これをやっていれば必ず成功するというものではありませんが、適切に行えば、成功の確率が格段に高くなるというものです。このポイントは概ね下記の5つに集約されます。

①何をやるのかを明らかにする

②手順を誤らない

③取り組み推進の仕組みをつくる

④キーパーソンをアサインする

⑤教育を適切に行う

■DXなどの取り組み成功の5つのポイント

①何をやるのかを明らかにする

 目的と手段を誤らないことは、DXのようなテクノロジーを活用した取り組みを進めるときに何よりも大切なポイントです。テクノロジーを活用するときに、手段ありきになってしまうことがあります。例えば、「AIを使って何かをできないか」という質問をうけることがあります。もちろん、テクノロジーの特性を理解して、何ができるかを考えることは、時には必要です。しかし、AI導入が目的化してしまうと、これは本末転倒で何のために投資をしているのかが見えなくなってしまいます。

 ですから、まず、「会社経営上の問題は何か?」、「どこに向かおうとしているのか?」、「そのための課題は何か?」が明らかなっていることが大前提になるのです。

②手順を誤らない

 次に大切なことは手順を誤らないことです。特にテクノロジーを活用する際には、手順が命だと言っても過言ではありません。目的・課題が正しく設定されたのあれば、業務変革の土台になるのは、具体的に何をするのかを明らかにすることです。その過程において、業務の可視化と要件定義を適切に行うことが何よりも重要となります。業務の可視化には、業務フローを作成することが必要となります。そして、業務フローを確認しつつ、要件を固めていくことが重要です。ここで手を抜くと、システム導入してみたものの全く使えないものが出来てしまったということになります。

③取り組み推進の仕組みをつくる

 テクノロジー活用が進まない主な原因は、取り組み自体が日常業務ではないということと、複数部門に跨るという2点です。この2点を取り除くためには、会社の中に仕組みを構築する必要があります。中堅・中小企業におけるこの仕組みとは、社長直下で部門横断的な機能を作るということです。具体的には、自動化推進室のような組織を立ち上げることが重要です。

④キーパーソンをアサインする

 仕組みに加えて、新しい取り組みを進める上において重要となるのが、人選です。やはり、変革対象となる仕事領域の第一人者が関与していることが極めて重要となります。実力がある人材が、取り組みを進めることで、社内に発生する抵抗勢力を抑える効果もあります。また、中小企業においては、このような全社的な取り組みを経験させることで後継者育成の効果も期待できます。

⑤教育を適切に行う

 最後の成功のポイントは非常に忘れられがちなのですが、とても重要です。それは、教育をしっかりと行う、行わせるというものです。特にテクノロジーを導入するような場合や業務プロセスが作り変えられる場合には、しっかりと社員への教育を計画し、実行することが必要です。また、システム導入会社が、適切に社員への教育を行うようにあらかじめ取り決めておくことも重要です。

以上の5つがDXのような取り組みを成功させる極めて重要なポイントなります。皆様の会社においても、これから取り組みを進める場合や、既に取り組みを始めている場合において、参考にしていただければと思います。

(第73回: 2020/3/4)