〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-9-7

TEL : 03-6868-4495

仕組デジタル化とは?

「仕組デジタル化」は、「仕組化」と「デジタル化」を両輪とした、組織改革により中堅・中小企業の生産性を圧倒的に向上させます。

 「システム導入が思うように進まない」、「システム導入してみたもののほとんど使われない」というような困った事態に陥っている会社は本当に多くあります。これは、デジタル偏重の弊害によって引き起こされます。つまり、システム会社に依頼をすれば問題が解決する、システムを導入すれば生産性が高まるというような、言い方は失礼かもしれませんが、「幻想」に囚われてしまっているのです。

 「デジタル化」の前に必ずやるべきことがあります。それは、プロセスの可視化や会社の目指すべき方向性に応じたあるべき姿の定義といった「仕組化」です。しかし、特に中堅・中小企業ではこの「仕組化」がなされていない場合があります。理由は「仕組化」を支援するような機関があまりないからです。あったとしても、曖昧なピンボケな指導であったり、大企業向けのコンサルティングであったりするので、残念ながら中堅・中小企業が「仕組化」を進めることは非常に困難です。

 しかし、中堅・中小企業もリモート化や自動化をはじめとしたデジタル化を行い、会社をアフターコロナにも適応できるように変革してくことが求められます。この変革を実現するためには、「仕組化」と「デジタル化」を一体化して行うことが絶対的に必要となります。この手法こそが、「仕組デジタル化」なのです。

どんな会社に適しているの?

 「仕組デジタル化」は、激動の時代において、「仕組化」と「デジタル化」によって会社の継続と発展を目指す中堅・中小企業に特化した手法です。

●経営者自ら組織変革が必要だと感じている

●リモート化や自動化を推進したい

●会社の生産性を大幅に高めたい

●経営と業務を明確に分離させたい

●経営幹部を細かな指示・指導から解放させたい

●局所最適から全体最適に移行させたい

●年々、採用が難しくなっている中で経営効率を高めたい

●マジメント人材を育成したい

●AIやIoTがもたらす変革に備えたい、取り入れたい

 もっと「仕組デジタル化」を知りたいという方は、オンラインセミナーや単発のコンサルティングもご用意しております。