〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-9-7

TEL : 03-6868-4495

イノベーションの種類

■イノベーションの種類
イノベーションというと日本語では技術革新と訳されることから、新しい製品を生み出すことがイノベーションであると考えがちです。しかし、イノベーションを考える際の切り口は一つではありません。ここでは、ジョセフ・シュペンター氏が提唱しているイノベーションの5つの切り口について考えてみたいと思います。5つの切り口とは、「①新しい製品もしくは新しい特徴を兼ね備えた製品」、「②新しいプロセス」、「③新しい市場」、「④原料や半製品の新しい調達先」、「⑤産業構造の変化」です。

■5つのイノベーションの種類
①新しい製品もしくは新しい特徴を兼ね備えた製品
これまで世の中に無かった製品、もしくは特長を兼ね備えた製品を開発することによるイノベーションです。新しい製品には、必ずしも全く新しい最先端の技術が使用されているわけではありません。例えば、iPhoneなどは新しい製品によるイノベーションの例にあたりますが、使用していた技術自体は他社が先駆けていたものもあり、必ずしも最新技術ではなかったと言われます。つまり、新しい製品によるイノベーションとは、これまでになかった価値を新しい製品で表現していることだと言えるかもしれません。

②新しいプロセス
製品だけでなく、製造工程を効率化することによるイノベーションも存在します。トヨタ自動車は全く新しい車を開発しているわけではありませんでしたが、「ジャスト・イン・タイム」のように、「必要なものを、必要なときに、必要なだけ」調達することで「ムダ、ムラ、ムリ」をなくし、生産性を高めることに成功しました。このように製造プロセスにイノベーションを起こすことにより、生産性・競争力を高めていくという考えかたもあります。

③新しい市場
新しい市場によるイノベーションとは、同じ製品を異なる市場・顧客へ販売していくことを指しています。自動車の発展途上国への展開などはその例と言えるかもしれません。自動車のインドなどへの展開には、①の新製品のイノベーションとセットにして、機能をよりシンプルにして安価な自動車を製造し販売していくことが市場に受け入れられるためには必要でした。

④原料や半製品の新しい調達先
製品の原料や半製品について、より安価な調達先を確保することによっても、製造原価を削減し生産性を高めることが出来るようになります。

⑤産業構造の変化
産業構造自体を変化させてしまうようなイノベーションも存在します。Amazonはその良い例だといえます。インターネットを利用して書籍を販売することから初めて、現在ではあらゆるものがインターネットを介して販売される、e-Commerceという新しい販売チャネルを開拓した立役者的な存在となっています。現在では、e-Commerceを無視してビジネスを行うことはできない程、会を大きく変えてしまいました。

このようにイノベーションと言ってもその対象、切り口、アプローチの仕方は様々あります。自社の製品・サービスを上記のような観点で見直してみることでイノベーションのきっかけが見つかることがあるかもしれません。

[参考サイト]
Prophet of Innovation ? Joseph Schumpeter and Creative Destruction. Satrt Up. http://www.startup-book.com/2012/03/31/prophet-of-innovation-joseph-schumpeter-and-creative-destruction/