〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-9-7

TEL : 03-6868-4495

第47回: ITツールの選定方針(クラウド/オンプレミス/クラウド/オンプレミス)

■ITツール選定の考え方

 ITツール導入を検討している会社の役員から、「クラウドにすれば良いのか、そうではないのか、どうすれば良いですか?」というご質問をいただきました。なんでも、ITツールを導入しようとしているのですが、クラウドを含めてどのようなITツールを選択すればよいのか決めかねているとのことです。

 ITツールを選定する際には、現状と将来の業務フロー、要求機能一覧、RFP等を検討・作成していくことが必要です。その過程で、大枠でITツールの選定方針を決めていくことなりますが、ここでは、この選定方針について考えてみたいと思います。

■スクラッチ vs パッケージ

 まず、考えるべきは、スクラッチにすべきか、パッケージにすべきかということです。スクラッチというのは、ゼロからツールを開発していくことです。一方で、パッケージというのは、システム会社で標準的な機能を用意しているシステムです。スーツの購入で例えるならば、オーダメード品がスクラッチ開発、ユニクロのような出来あいの製品がパッケージと捉えることが出来ます。それぞれについて、メリット、デメリットは下記のとおりです。

・スクラッチ

<メリット>会社の特殊な業務要件にも対応することが出来る。

<デメリット>開発に時間、費用がかかる。

・パッケージ

<メリット>比較的に、開発工数やコストを抑えることが出来る。

      あえて標準機能に合わせることで、自社の業務を改善できる。

<デメリット>特殊な業務に対応しにくい。

以上のように、コスト面や開発工数を考慮すると、基本的にはパッケージを採用し、会社の競争優位性を高めるような特殊な業務に対してはスクラッチ開発の採用を検討するというのが一つの考え方になります。

■クラウド vs オンプレミス

また、パッケージ、スクラッチに加えて、クラウドという観点もあります。クラウドと言いうのは、インターネット上のサーバーを活用することです。クラウドの対になるものがオンプレミスという考え方で、自社でサーバーを購入することです。

・クラウド

<メリット>サーバー購入の必要がないため、短期的にはコスト優位性を得やすい。

      保守運用がしやすいため、中小企業においても管理がしやすい。

      物理的に拠点が離れていても、同一のフローを活用できる。

<デメリット>インターネットが使えない環境だと使用できない。

・オンプレミス

<メリット>インターネットに繋げる必要がない。

<デメリット>サーバー購入費用がかかるため、短期的にはコスト高になる傾向がある。

       サーバー障害の際に自社対応が必要となり、中小企業向きではない。

システム管理者のリソースが限られている、中堅・中企業においては、クラウドを活用するメリットが大きくなる傾向があると言えます。

 また、大枠の方針を考えるときには、スクラッチvsパッケージとクラウドvsオンプレミスの組み合わせで考えることも必要です。つまり、「クラウドのスクラッチ」、「クラウドのパッケージ」、「オンプレミスのスクラッチ」、「オンプレミスのパッケージ」という4通りの何れにすべきかを検討するということです。

 この方針を決めることができれば、方針に沿ったシステム会社を調査して、自社に適した会社を選定してくことが現実に可能となります。

(2019/9/4)