企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

プロフィール

プロフィール

私はある年齢までは、経営ということについて、自分とは違う世界の人たちが行っているものと感じており、あまり興味を持っておりませんでした。そのような私が会社の経営に興味を持ったきっかけは、中学生の頃にサラリーマンであった父親がMBO(management by-out)をして、製薬会社を創業したことがきっかけでした。当時MBOで独立を果たす事例があまりなかったこともあり、雑誌などで取り上げられる父親の姿をみて、社長、経営ということが急に身近に感じられるようになりました。この頃から、いつかは自分も社長をやってみたいなと漠然と思うようになっていました。

 

その後、大学では、創造性を発揮できて、人に喜んでもらえて、且つ独立もし易そうだということで建築学科に進みました。在学中は、経営者や哲学の本を読み大いに触発されました。そうこうしているうちに大学を卒業することになりましたが、一度、住み慣れた日本を離れて、海外で生活してみたいと思うようになり、アメリカの大学院へ留学させていただくことになりました。不勉強者であった自分が、このとき、深く自分自身に向き合えた経験が現在の自分の土台になっているような気がします。修了後は経営コンサルティングという仕事があることを知り、好奇心と起業するにはもってこいの業界だという若干の勘違いから、畑違いの経営コンサルティング会社に入社をしました。

 

在職中に通信制のMBAを取得し、会社自体は変わりつつも経営コンサルティング業界で10年間修業をさせていただきました。コンサル業界に入った頃は、数年したら会社を起こそうと思っていましたが、臆病な面や不器用な面があり起業の世界に踏み出すことができませんでした。逆にそのことが第三者の目も持ちつつ、企業の戦略立案や実行支援をする経営コンサルティングという仕事に意外と合っていて、黙々と向き合うことができたことは良かったのかなと思っております。因みに、臆病且つ不器用なのは私個人の話で、経営コンサルティング業界の方々は総じて皆さん優秀です。また、親族で教師をしている者が多く、人に何かをアドバイスをさせていただくという側面があるコンサルティングに合っていたのかもしれません。

 

今は、これまでの経験、クライアント、先輩、同僚等から学ばせていただいたことを活用して、少しでも企業を営んでいる経営者の方にお役に立てることが出来れば良いなと活動をしております。社会を足元から支えているのは企業の経済活動です。その企業を率いている経営者のお手伝いができることはとてつもなく遣り甲斐があり、自身のライフワークであると確信しています。これまでの経験を活かし、経営者の方々のために企業の成長のために本気で真摯に取り組み、成果を上げさせていただくために邁進しております。

 

また、現在、MBAを初めてとして、大企業向けの経営に関する教育や情報発信は充実しており、経営コンサルタントのようなアドバイザーを探すことも比較的に容易だと思います。一方で、企業としての運営が必要になってくる事業規模が数十名〜300名くらいの中規模企業の経営者の方々に対するアドバイスや体系的な情報発信は未だ不足しているのではないかという問題意識を持っております。当ホームページでは、そのように孤軍奮闘されている中規模企業の経営者の方々に少しでもお役に立てればと思い、情報発信も合わせてさせていただいており、少しでもお役に立てることがあれば望外の喜びです。

 

当ホームページの記事を読まれて、何か感じるところがございましたら、お気軽にお問合せいただければと思います。

プロフィール


トップページ 初めての方へ セミナー情報 メール経営講座 お問い合わせ先 プロフィール